HOME > 不動産登記

不動産登記

不動産登記(売買・贈与・担保の抹消・各種変更登記など)

不動産登記(売買・贈与・担保の抹消・各種変更登記など)のイメージ
  • 土地や建物の名義を変更したい
  • 住宅ローンを完済したので、金融機関の担保を抹消したい
  • 不動産を売りたい、買いたい、贈与したい
  • 家を新築したので登記をしたい

etc……

ご依頼の多くが、上記の理由によるものです。
不動産登記をすることにより、所有権や抵当権など自分の権利を他人に対して主張する事が出来ます。
また、担保の抹消は金融機関から交付された書類一式が必要となりますが、長期にわたり放置していたり、書類を無くされてしまうと余計な費用がかかってしまったり、手続きに相当な時間がかかってしまいますので、お早めに登記をする事をお勧めします。

必要な書類

必要な書類のイメージ
売買・贈与などによる
所有権移転登記
権利書、住民票・不動産の評価証明書、免許証などの身分証明書、印鑑証明書(登記申請する日から3ヶ月以内に取得した物)
住所の変更・氏名の
変更登記
住民票や戸籍など変更を証明できるもの、免許証などの身分証明書
担保の抹消登記 金融機関から交付された書類一式、免許証などの身分証明書

お問い合わせ・ご相談の際に・・・

お問い合わせ・ご相談の際に・・・のイメージ

必要な書類を簡単に示しましたが、不動産の種類や当事者によって、上記以外の書類が必要になってくる場合も多々あります。
(例)農地法の許可・届出、会社の代表者の資格証明書、株主総会議事録など。

お問い合わせ・ご相談をされる際に、どこの不動産なのか、当事者は誰と誰なのか(会社か個人か)、どういった内容の登記をしたいのかを正確にお伝え頂くことにより、早い段階で、必要な書類の準備やご案内をさせて頂くことができ、スムーズに今後の手続きを進める事が出来ます。
また、売買や贈与をしたい場合、あらかじめ不動産の評価証明書を市役所で取得しておかれると、費用のお見積りも早期にご案内出来ます。

お問い合わせ・ご相談のあと、当事務所なら安心できる、信頼できると思われた場合のみ正式にご依頼下さい。

費用に関して

費用に関してのイメージ

登記の費用は、当事務所がいただく報酬と実費を加えたものになります。実費の大部分は登録免許税(法務局に収入印紙で納めます)ですが、不動産の評価額により大きく変動します(売買・贈与の場合)。住所変更登記や抹消登記の場合は、不動産の個数×1,000円が登録免許税となります。お見積りは、無料でFAXまたはメールでお伝えする事も可能です。